小諸城 三の門【重要文化財】

小諸を代表する名所のシンボル

江戸時代~小諸藩の初代藩主となった仙石秀久の後、その子「忠政」のとき元和1年(1615年)に創建されました。


洪水と再建

寛保2年(1742年)に千曲川流域で発生した洪水「戌の満水」により、北国街道沿いの建物を呑み込んだ土石流が押し寄せ三の門は崩壊し流されてしまいました。
現在の三の門は明和2年(1765年)に再建されました。


「懐古園」の大扁額

現在の三の門に掲げられた扁額は、徳川宗家16代当主である徳川家達(いえさと)の筆によるものです。


懐古園の利用案内などは小諸城址懐古園オフィシャルサイトをご覧ください。


関連スポット



関連記事