小諸城 二の丸跡

関ヶ原の合戦に向かう徳川秀忠の逗留地

慶長5年(1600年)天下分目の関ヶ原の合戦に向かうべく、徳川秀忠は東軍の軍勢3万8千を率いて中山道を進みました。

碓氷峠を越え信州に入ると、小諸城主である仙石秀久は小諸城の二の丸に本陣を構え、秀忠をお迎えしました。


上田合戦と二の丸

二の丸は、北西に西軍の真田昌幸・幸村の居城である上田城方面を見渡せる場所でした。
秀忠は、上田城開城を迫ったがのらりくらりと返事を先延ばしする真田昌幸に激怒し、上田城攻略を命じます。
ところが上田城に籠城する真田軍わずか3千5百の兵力に翻弄され決着がつかない。そこで小諸城内にあった海応院の住職が仲立ちし真田と和睦しました。

この上田合戦で小諸に10日間の足止めされ、秀忠軍は関ヶ原の合戦に遅れてしまったのは有名な逸話です。


大切な客人を迎える場所

武田信玄が現在の小諸城の縄張りをしたと言われますが、それ以前は、ここに「乙女城」別名「白鶴城」がありました。
ここは、北東方向に浅間山の山並み一帯、北西方向には視界開け遠くアルプス山脈が見渡せる眺望のよい高台でもあり、大切な客人を迎える場所となっていました。


懐古園の利用案内などは小諸城址懐古園オフィシャルサイトをご覧ください。


関連スポット



関連記事