小諸城 本丸跡の石垣

馬場から見上げる本丸城郭の石垣

本丸は約6メートルの石垣で囲まれています。石垣は特に本丸北西に大きく迫り出し、 他の石垣よりひときわ大きな野面石で天守台が築かれています。

この天守台には、三層の天守閣が建造されていたと伝わります。

寛永3年(1626年)落雷により焼失、その後は幕府の許しが得られず再建されることはありませんでした。



懐古園の利用案内など詳しくは小諸城址懐古園オフィシャルサイトをご覧ください。


関連スポット



関連記事