2016.02.01

海應院が仲裁した第二次上田合戦    
7935_photo

2/7(日)13:30~15:00「真田丸」支援こもろプロジェクト主催
◆”小諸城 戦国協奏講演会” 第壱陣(第四回目)
 ①小諸城と常在戦場
 ②海應院第四世住職(康巖聞泰大 和尚)のかかわり
講師:牧野和人氏(小諸フィルムコミッション会長)
対談ゲスト:矢嶋雅人氏(海應院の現住職)
==================
1600年(慶長5年)、真田軍と徳川軍が対峙した第二次上田合戦において、徳川軍(小諸本陣)の敗因を作ってしまった牧野家から、家訓”常在戦場”を学びます。
特に今回はなんと!公の場では初となる、小諸・海應院の現住職(矢嶋雅人氏)がご登壇し、講師の牧野和人氏と当時を振り返ります。
==================

【場所】小諸市民交流センター(こもろプラザ)2階「ステラホール」

この協奏講演会では、2015年11月~2016年7月までの間、毎月小諸の歴史を紹介する”小諸城 戦国協奏講演会”が開催されます。
詳細はこちら(「真田丸」支援こもろプロジェクトページ)⇒http://www.city.komoro.lg.jp/doc/2015111300091/

来年2016年には、NHK大河ドラマで「真田丸」が放送。
ドラマの主人公は真田信繁(幸村)。
上田市や大坂を中心に、活躍劇が繰り広げられることでしょう。

そしてここ小諸城もその動乱の舞台となり、関ヶ原の合戦の前哨戦・第二次上田合戦では、真田氏と対立した徳川本隊軍が本陣を構えました。
この小諸城戦国協奏講演会では、その徳川陣側から、小諸を明かしていきます。


関連記事