2015.11.24

【常に戦国の要所”小諸城”】    
7524_photo

12/7(月)18:30~20:00
「真田丸」支援こもろプロジェクト主催
 ◆”小諸城 戦国協奏講演会” 第弐陣:常に戦国の要所”小諸城”
が開催されます。

ここに、我らが小諸センゴク甲冑隊の殺陣パフォーマンスもご披露します!
是非ご期待を! 冒頭から出陣!!

==================
②第弐陣 常に戦国の要所”小諸城”
平安時代から城が築かれ、武田信玄が目を付けた小諸の大地。
”築城の名手”と言われた山本勘介により小諸城が生まれ、それ以降、信州の要所として時代を生きた小諸城の魅力に迫ります。
 ◆2015年12月7日(月)18:30~20:00
 ◆2016年4月休日(未定)13:30~15:00
  ※同じ題目での講演会を2回予定しています。話の内容は若干異なります。
==================

この協奏講演会では、2015年11月~2016年7月までの間、毎月小諸の歴史を紹介する”小諸城 戦国協奏講演会”が開催されます。
詳細はこちら(「真田丸」支援こもろプロジェクトページ)⇒http://www.city.komoro.lg.jp/doc/2015111300091/

来年2016年には、NHK大河ドラマで「真田丸」が放送。
ドラマの主人公は真田信繁(幸村)。上田市や大坂を中心に、活躍劇が繰り広げられることでしょう。

しかし、今回”戦国協奏講演会”の舞台は小諸。真田氏と同じく戦国動乱の時代を生きた小諸城。

なぜ小諸にお城ができたのか? どんな戦国武将、大名が入城したのか?
関ヶ原の合戦の前哨戦・第二次上田合戦で真田氏と対立した徳川陣側から、小諸を明かしていきます。


関連記事