2015.09.01

重要無形文化財/八朔相撲9/6    
6850_photo

当八幡宮の八朔相撲は、元禄4年、時の小諸城主石川能登守の命により奉納相撲として始まり、今日まで310余年に亘り由緒ある伝統行事として受け継がれてきました。

陰暦の八月朔日(一日)に行われることから八朔といいます。

わが郷土の誇りでもあり、小諸市指定の重要無形文化財(平成8年3月15日指定)でもある八朔相撲にぜひ、お出かけください。

当日は子供たちが、立派な化粧まわしをつけて市内を練り歩き、土俵入りをした後、熱のこもった取り組みを披露します。

≪日程≫ 2015年9月6日(日)11:00~16:00 ※毎年9月の第1日曜日

≪場所≫ 八幡宮神社 (小諸市八幡町一丁目7番1号)

≪スケジュール予定≫
◆11:00~ ふれ太鼓町内練り歩き
◆12:00~ 土俵入り
◆13:30~ 子ども取り組み
◆16:00   終了

≪八朔相撲の詳細はこちら≫
(小諸市役所ホームページ)http://www.city.komoro.lg.jp/doc/2014022501061/


関連記事