2014.04.01

唐松一里塚にきたよ    
PhotoGrid_1395655557493

こんにちは、ミーニャです。

お散歩で唐松一里塚にきたよ。

え?
知らない?

じゃあ、ミーニャと一緒に勉強しよう!

唐松一里塚は、市史跡として、昭和47年3月31日に、小諸市の文化財に登録されたんだよ。

一里塚って言うのは、道の目印のこと。
江戸時代に徳川幕府の命令で、大きな道路の側に1里(約4キロ)毎に塚を築き、そこに榎や松を植えて、標識をたてたりしたんだって。

唐松一里塚は、小諸藩主仙石越前守秀久が、中山道と北国街道の整備に合わせて築かせたものなんだよ。

現存する一里塚の多くは、道の片側だけにあるんたけど、両側にあるのが本来の姿で、
対のまま現存している唐松一里塚は、とーっても貴重なんだって!

スーパーツルヤ小諸東店の下の駐車場横と、道の向かいにあるから、今度、見てみてね。

きっと、昔は大きな榎の木陰で、たくさんの旅人が、浅間山を眺めながら休んだんだろうね。
タイムスリップしてみたくなっちゃうね!

唐松一里塚
小諸市御幸町一丁目1512-53・54
http://www.city.komoro.nagano.jp/www/contents/1123745643328/index.html

http://www.city.komoro.nagano.jp/www/contents/1123745643328/index.html


関連記事