2017.10.24

さようなら 繭蔵    
10300_photo

駅近にある 「くらしかる浪漫館」の解体工事が始まってました。

大正時代の繭蔵に 絹糸を作る 貴重な資料が展示されており、
長い間閉館しておりました。
城下町フェスタで開館され、私もお別れを惜しみました。

小諸は 製糸業が繁栄した時代 があります。
最近 氷の集落でも『風穴』を観光に結びつける動きもある中、
こちらの 建物が解体されてしまうのは 凄く残念でなりません。

でも整備された公園になり、 小諸の祇園祭 健速神輿(市 重要無形民俗文化財)の渡台神事 行われるとの事で?市民での活用が増えたり、
駅から大手門(国 重要文化財)へのアプローチも広がり 観光者への誘導にも繋がるのかな?

素敵な建造物さん
長い間お疲れ様でした
あなたの事は 忘れません


関連記事