2017.09.28

10/7こもろ映画祭    
10250_photo

グランプリはあなたの一票で決まる!

今年初となる「こもろ映画祭」は、”小諸の素晴らしいロケーションを多くの人に知ってもらいたい”という熱い想いから大学生が企画を立案しました。首都圏の大学生が小諸を舞台に撮影した短編映画の映画祭で、大学生主催の映画祭は全国的に珍しい取り組みです。

■日にち:2017年10月7日(土)
■時 間:18:00~20:00
■場 所:小諸市市民交流センターステラホール
■入場無料

■参加予定団体(ストーリーは変更となる可能性があります)
《慶應義塾大学》
引きこもりの少年が、小諸の謎の少女との出会いを通して成長していく物語。

《早稲田大学》
東京に住む会社員の蓮太郎は大の子供嫌い。ある日、蓮太郎は妻・憂子とケンカして、逃げ帰るように小諸市の実家へ…。ホッとしたのも束の間、そこではある1 人の少女の面倒を任されてしまう。小諸市の様々な魅力を詰め込んだ、ハートフルコメディ。

《千葉大学》
タイトル「坂道の恋」。東京にすむ高校一年生、ちなみは、家では親とうまくいかず、学校では仲間はずれにされる日々のなか、万引きをして補導されてしまう。小諸にすむ叔母の家でしばらく暮らすことになったちなみに新たな出会いがあったが、、、。小諸の豊かな自然に包まれて自分の気持ちと改めて向き合う少女が、目指すものとは?

《日本大学》
東京で生まれ育った主人公の「マリカ」は生まれつき世界がモノクロに見える。そんな「マリカ」は夏休みに訪れた小諸市で「ニジカ」と出会う。彼女と出会い「マリカ」の世界は色づき始める…。

《東京工芸大学》
小諸市を舞台に感動を。色盲で、視覚から色を失った画家見習いは友人にいつも頼っていた。だが、些細ないざこざは曖昧な二人の関係にヒビを入れるのは容易だった。大切なものって、意外と近くにある人情ストーリー。

■主催:慶應義塾大学 岡原正幸研究会
■共催:小諸市
■お問い合わせ先:小諸市役所企画課市民協働推進係 電話0267-22-1700


関連記事