2017.09.02

第4回全国風穴サミットin小諸    
10164_photo

『風穴』 とは、山から自然に出る冷風を利用して天然の冷蔵庫を作り
江戸時代は氷、
明治には蚕種(蚕の卵)を貯蔵し、日本一の生産量があった 氷地区は大風穴群だったそうです。
現代は、漬物、りんご、日本酒、蕎麦の 貯蔵と生活の多様に伴い使われており、
昔は10数基あった風穴も1基のみが現役で残っております。
この、天然の冷蔵庫『風穴』は限られた土地にしか出来ないので
小諸の素敵な財産に改めて感動しました。
元風穴を所有されてた
柳澤さんに貴重な資料と共に説明を頂きました。
有り難うございました!

http://komoro.link/fuuketu/


関連記事